合成フォントまとめ 2020

この記事内の目次

IllustratorとInDesignには「合成フォント」という機能があり、異なるフォントを組み合わせつつ、サイズやベースラインシフトなどを調整することができます。

使いどころ(一般的)

  • 和文フォントと欧文フォントの混植
  • 「かな」のみ変更

和文フォントと欧文フォントの組み合わせ

「漢字/かな/全角約物/全角記号」に和文フォント、「半角欧文/半角数字」に欧文フォントを指定します。

一番よく使われている例で、「混植」のシンプルなカタチです

[文字種]は複数選択し、同時に変更することができます。

「かな」のみ変更することで、フォントの印象を変更する

「かな」だけのフォントが多くリリースされています。合成フォントを使って「かな」に異なるフォントを指定すると、フォントが与える雰囲気に影響します。

使いどころ(少しマニアック)

「特例文字」使うことで、指定した文字に対して、フォント、サイズ、ベースラインシフトなどを設定できます。

  • 太めのウエイトでの括弧類を“軽く”する
  • 音引きを短くする
  • 小書きのかな文字を小さくし、細く見えないようにウエイトを上げる
  • ハイフンやコロンなどのベースラインシフトを調整する

太めのウエイトでの括弧類を“軽く”する

これを実装するには、「特例文字」を使います。

サンプル

こちらは、私が設定している合成フォントの例です。

現状の課題

  • 簡易モードがない(「漢字/かな/全角約物/全角記号」と「半角欧文/半角数字」でざっくり指定する)
  • IllustratorとInDesignでの共有
    • Illustratorから書き出した合成フォントはInDesignで読み込める
    • InDesignの合成フォントを書き出すフローはない
  • Photoshopおよび、その他のアプリケーションで利用することができない(OSレベルで利用したい)
  • 設定ダイアログボックスでを閉じないと、ドキュメントにどのように反映されるかを確認できない
  • 「特例文字」の流用ができないため、合成フォントごとに設定する必要がある
  • ウエイト違いのバリエーションを効率的に作成するフローが想定されていない
  • 「同じ名称で設定が異なる」合成フォントが存在する場合、「合成フォント-1」のように異なるフォントが増殖してしまう

夢想する未来

  • 「このフォントにあの欧文フォント」、「このフォントにあの“かな”フォント」の組み合わせをAdobe Senseiが提案してくれる
  • 和文フォントに対しての欧文フォントの調整(サイズ、ベースラインシフト)をAdobe Senseiがいい感じにしてくれる
  • 「小書きのかなが大きい」問題に関して、異体字が用意され、OpenTypeオプションで簡単に切り換えられる(またはバリアブルフォント)

設定するときのポイント

[サンプルの変更]ボタンをクリックして、全角のMと半角のMを並べ、[サイズ]と[ライン](ベースラインシフト)を調整する。

調整後

このテクニックは、InDesignの勉強部屋のYUJIさんに教わりました。

参考リンク