Illustrator CC 2019で変更されたローカライズ一覧

2018年10月リリースのIllustrator CC 2019では、次のように手が入っています。

「段組設定」が「グリッドに分割」に変更されたのはビックリ! ちなみに、「段組設定」は、地味ながら、とても重宝するコマンドです。

CC 2019 CC 2018まで場所
グリッドに分割段組設定[オブジェクト]メニューの[パス]内
ピクセルグリッドに最適化ピクセルを最適化[オブジェクト]メニュー
選択しているレイヤーに移動現在のレイヤーへ[オブジェクト]メニューの[重ね順]内
文字の縦横比をリセット文字の縦横比を固定[キーボードショートカット]ダイアログボックスの
[その他のテキスト]内
フォントサイズポイントサイズ
文字カラーを無効文字カラーを無視[グラフィックスタイル]パネルメニュー
合体(option+クリックで複合シェイプを作成して追加)合体(option+クリックで複合シェイプを作成し形状エリアに追加)[パスファインダー]パネルのボタン(ツールチップ)
分割およびアウトライン適用時に
塗りのないアートワークを削除
分割およびアウトライン時に
塗りのないアートワークを削除
[パスファインダーオプション]ダイアログボックス
([パスファインダー(分割)]効果
新規サブレイヤーに集める新規レイヤーに集める[レイヤー]パネルメニュー
選択したオブジェクトを探すオブジェクトの位置
ドキュメントを開いていないときドキュメントを開いていない時に[環境設定]の[一般]カテゴリ
濃度調整したスウォッチを含める色合いのスウォッチを含める[新規カラーグループ]ダイアログボックス
コーナーやパス先端に破線の先端を整列長さを調整しながら、線分をコーナーやパス先端に合わせて整列[線]パネルの[破線]セクション
セグメント方向線のハンドル[選択]メニューの[オブジェクト]
孤立点余分なポイント
マスクを編集クリッピングパスを編集

クリッピングマスクを選択時のコントロールパネル

ダイナミックシンボルシンボル(動的)シンボル選択時のコントロールパネル
プロポーショナルライニング数字ライニング数字 
プロポーショナルオールドスタイル数字オールドスタイル数字
ペンツールでパス上にアンカーポイントを自動で追加/削除しない自動追加/削除しない環境設定の[一般]
セグメントをドラッグしてリシェイプするときに、ハンドル方向を固定セグメントをドラッグして固定パスをリシェイプ環境設定の[選択範囲・アンカー表示]
彩色淡彩[アートオプション]ダイアログボックス
着色彩色
彩色と陰影淡彩と低明度

詳細については、こちらのエントリーを参照ください。

「ベタ」から「アキなし」に

[文字]パネルの[アキを挿入]のポップアップメニューの「ベタ」が「アキなし」に変更されています。

[OpenType]パネルの数字オプション

[OpenType]パネルの数字オプションにて、「オールドスタイル数字」および「ライニングスタイル数字」に「プロポーショナル」が付加されるようになっています。