IllustratorやInDesignでQRコードを扱う

QRコードを扱う機会が増えてきました。IllustratorやInDesignでQRコードを扱う方法を整理してみました。

この記事内の目次

IllustratorではQR Code Maker(エクステンション)を使う

Illustratorは標準機能でQRコードを作成することはできません。

そこで、現在、定番である「QR Code Maker」というエクステンションを使います。

「QR Code Maker」のインストールは、2020年9月以降、Creative Cloudデスクトップアプリケーションから行えるようになりました。

QR Code Makerのインストール

Illustratorを終了してから、次の手順でインストールします。

  1. Creative Cloudデスクトップアプリケーションを起動し、[マーケットプレイス]タブをクリック

  2. 次のように設定して「QR Code Maker Pro」を検索し、[インストール]ボタンをクリック

    • 「すべてのプラグイン」を選択
    • アプリケーションから「Illustrator」を選択
    • 検索に「QR Code」と入力

QR Code Makerの使い方

自動的に新しいドキュメントが作成されるので、あらかじめ開いておく必要はありません。

  1. Illustratorを起動し、[ウィンドウ]メニューの[エクステンション]→[QR Code Maker]をクリック

  2. [QR Code Maker]パネルが開くので、URLを入力して[Create]ボタンをクリック

  3. 新規ドキュメントが作成され、QRコードが生成される

ECLevel

ECLevelにて、欠損率(どこまでQRコードが破損しても復元を可能にするかの設定)を指定します。

  • Lレベル:コードの約7%が欠損しても復元が可能
  • Mレベル:コードの約15%が欠損しても復元が可能
  • Qレベル:コードの約25%が欠損しても復元が可能
  • Hレベル:コードの約30%が欠損しても復元が可能

QRコードの中央部分にロゴを入れたい場合などには、Hレベルに設定します。

InDesignを利用する

InDesignでは標準でQRコードを作成することができます。

作成したQRコードをコピーし、Illustratorドキュメントにペーストすることもできます(コピー&ペーストできない場合には、ドキュメントを並べてドラッグ&ドロップ)。

  1. [オブジェクト]メニューの[QRコードを生成…]をクリック

  2. 「Webハイパーリンク」を選択し、URLをペースト

  3. ドキュメント上でクリックし、コピー

  4. Illustratorを起動し、ペースト

手順をムービーにまとめました。

余白の扱い

QRコードでは認識させるための「余白」は重要な情報です。

しかし、InDesignで作成したQRコードをコピーし、Illustratorにペーストすると、この余白が消えてしまいます。

そこで、InDesignでフレームに「紙色」(白)を設定しておくと、Illustratorにも継承されます。

データ結合

@rem_maysickさんから「接頭辞#でQR生成ができる」とコメントいただきました。大量作成のときには、InDesign一択ですね!

読み込むCSVの項目名に「#QRコード」のように「#」を付けるとQRコードのフィールドとして扱われます。

InDesignのデータ結合に関するアドビのヘルプページ

生成されたパスの扱い

生成された直後、パスは次のようになっていますので、まとめて選択し、グループ化しておくとよいでしょう。

黒のオブジェクトのみを選択し、パスファインダーオプションで[余分なポイントを削除]オプションをオンにしてから、パスファインダー合体を実行してもよいでしょう。

ムダなアンカーポイントが減ります。

カラーリングに注意

アクセシビリティ的にもカラーリングには注意が必要です。@aibo_1226さん、ありがとうございます!

Google Chromeのエクステンション

Google Chrome用にはQRコードを生成するエクステンションがいくつかあります。

The QR Code Extensionを入れておくと、ツールバーの小さいQRコードアイコンをクリックするだけで、現在、表示中のサイトのQRコードを表示してくれます。

教室やプレゼンの際に役立ちます。

比較

InDesignの標準機能が便利だと思いつつ、「日本語」の扱いに難があるという情報も。

ECLevelも捨てがたく、InDesignにもインストールできるQR Code Maker(エクステンション)を使うのがよい落としどころかも。

Illustrator、InDesignInDesign
標準機能?QR Code Makerを使うデフォルト
作成方法パネルから作成[オブジェクト]メニューの
[QRコードを作成]
変数対応なしデータ結合
ECLevel対応(L/M/Q/H)なし

データ結合

InDesignのデータ結合はQRコードにも対応しています。

チェック機能

InDesignの場合、[ハイパーリンク]パネルでリンク先の簡易チェックが可能です。

一方、InDesignの標準機能で作った機能は[ハイパーリンク]パネルには表示されず、正しく生成されているかを確認する方法がありません。

なかなかコレ!という解決方法が見つからないのですが、「Docparser」というウェブサービスがありました。

次の手順でPDF内のQRコードからリンクを表示することができます。

  1. Docparserのアカウントを作成する(無料)
  2. 「Create New Parser」をクリック
  3. 「Custom」を選択
  4. チェックしたいPDFをドラッグ&ドロップで送信
  5. 右上の[Continue]をクリック
  6. 下の方にスクロールして「Barcode & QR-Code」をクリック
  7. バーコードが表示されるので、ドラッグして領域選択し、右下の[Confirm]をクリック

たくさんある場合には、繰り返し作業となってしまいますが、すべてのQRコードにひとつずつ、スマホをかざすよりはマシというレベルです。

また、ちょっと頑張ると次のようなことを半自動化できます。

  1. PDFからQRコードを画像ファイルとして抜き出す
  2. それぞれの画像を読み取る