Illustratorで複数のパスを交差点で連結する

次のように複数の線があり、交差点で連結するときの4つのアプローチについて比較してみます。

  • パスファインダーの[アウトライン]
  • [連結ツール]
  • [シェイプ形成ツール]
  • [ライブペイントツール]
  • パスファインダーの[分割]

パスファインダーの[アウトライン]

すべての線を選択し、パスファインダーの[アウトライン]を実行します。

  • パスの交差点でパスが分割される
  • 線幅や線のカラーが「なし」になってしまう

その後、次のように操作します。

  1. 不要な線を削除する
  2. 連結したいパスを選択して[パスの連結]を実行
  3. 線のカラーや線幅を設定する

[連結ツール]

[連結ツール]は、Illustrator CC 2014で搭載されたツールです。

線を2本ずつ選択し、[連結ツール]で削除したい線をドラッグします。

まとめて実行してもよいのですが、2本ずつしか処理できません。

すべて直線であっても、ハンドルが生じてしまいます。

コントロールパネルの[選択したアンカーをスムーズポイントに切り換え]、[選択したアンカーをコーナーポイントに切り換え]を順番にクリックします。

[プロパティ]パネルでも可能です。

[シェイプ形成ツール]

[シェイプ形成ツール]は、パスに対しても有効です。

次のようにドラッグすれば、ドラッグしたパスが交差点で削除されます。

ただし、このままではパスは連結していませんので、パスを連結する必要があります。

パスで囲まれた領域が「面」になるとき(1)

パスで囲まれた領域が「面」になるときには、ぐるっとパスを削除してもよいのですが、[シェイプ形成ツール]で中央部分をクリックすれば、「面」としての図形が作成されます。

パスで囲まれた領域が「面」になるとき(2)

[ライブペイントツール]で中央部分をクリックすれば、「面」の部分を塗ることができます。

その後、線を「なし」にして、ライブペイントを拡張すれば、面の部分のみが残ります。

なお、こちらはアクションで代替できます。

パスで囲まれた領域が「面」になるとき(3)

パスファインダーの[分割]を使えば、もっと簡単です。ただし、線のカラーや線幅は「なし」になります。

まとめ

  • オープンパスの場合には[シェイプ形成ツール]が便利。ただし、連結が必要。
  • クローズパス(面)の場合には、パスファインダー(分割)が便利
注意点連結
パスファインダーの
[アウトライン]
線のカラー、線幅が消失する連結の必要あり
[連結ツール]不要なハンドルが生じてしまう
2本ずつしかできない
不要
[シェイプ形成ツール]面でも可能連結の必要あり
[ライブペイントツール]オープンパスの場合には使えない不要
パスファインダーの
[分割]
線のカラー、線幅が消失する不要

それぞれのツールについての補足です。

  • パスファインダー:昔から
  • [連結ツール]:Illustrator CC 2014一向
  • [シェイプ形成ツール]:Illustrator CS5以降
  • [ライブペイントツール]:Illustrator CS2以降

お礼

「[シェイプ形成ツール]で線も消せますよ」は、3DPI Noteの上西さんに教えていただきました。ありがとうございます!

また、ライブペイントについても紹介されています。