Illustrator CC 2019の[異体字を表示]オプションをオフにできないことがあるときの対処方法

Illustrator CC 2019(2018年10月)リリースで一番嬉しかったことは、[異体字]ポップアップ(ミニウインドウ)をオフにできるようになったことです。

しかしながら、何かの“のろい”なのか、環境設定で[異体字を表示]オプションをオフにできない現象が生じることがあります。

おそらく[UIスケール]とかの関係だとは思いますが、とり急ぎ、困ります。

こんなときには、macOSの標準機能「フルキーボードアクセス」をオンにして使います。

フルキーボードアクセスの設定

まずは、次のように設定します。

  1. システム環境設定の[キーボード]を開く
  2. [ショートカット]カテゴリに切り換える
  3. [すべてのコントロール]オプションを選択する

フルキーボードアクセスの使い方

フルキーボードアクセスは、次のように使います。

  • tabキーでフォーカスを移動(shift + tabで逆順)
  • スペースバーでクリックの代わり

トラブル時以外にも、常時オンにして使うと、クリックが減ります。