Illustrator CC 2019の困ったツールバーの仕様

2014年リリースのIllustrator CC(17.1)で「カスタムツールパネル」機能があったのですが、なぜか、Illustrator CC 2019で、新しいものに置き換わりました。

「Photoshopと同じ仕様にしたんだ!」と思いましたが、Photoshopとは異なり、縦割り行政マインドを発揮しています。

何が困るのか?

Illustrator CC 2019から、ツールバー内のツールをドラッグすると、ツールの位置が変わってしまうんです。

「このツールがなくなった!」という場合には、ほかのツールのサブツールに紛れてしまっていたりします。

リセット方法

次の手順で行います。

  1. ツールバー最下部の[…]をクリック
  2. 右側に表示される[すべてのツール]右上の[≡]をクリック
  3. 表示されるメニューの[リセット]をクリック

ロックする方法はないの?

残念ながらありません。

なんとかならないの?

お~まちさんが苦肉の策で回避方法を考案されました。

「基本」と「詳細設定」って?

[ウィンドウ]メニューの[ツール]の[基本]、[詳細設定]のローカライズがトリッキーです。

  • [基本]:最小セット
  • [詳細設定]:全部入り

英語版では次のようになっています。

  • [基本]:Basic
  • [詳細設定]:Advanced

追記(2019年2月8日):

アドビの人によると、もうじき出るアップデータにて、この問題は修正されているとのことです。 ナイス!