Illustratorでアートボードサイズの長方形を作成する

この記事内の目次

Illustratorでアートボードサイズの長方形を作成するのは、ちょっと面倒です。

アートボードにスナップするように長方形を描けばいいじゃないの?

と思いますが、拡大してみると、ほんの少しの誤差が生じて気持ち悪い。さらにいうと、裁ち落としの赤いガイドにスナップさせると、その気持ち悪さは倍増します。

三階ラボさんのスクリプトを利用する

  • オフセットを設定できる
  • その際、単位はドキュメント設定を読み取ってくれる
  • 長方形は最背面に作成される

ダウンロードはこちらから。

Gorolib Designさんのスクリプトを利用する

Gorolib Designさんのスクリプトは非常にシンプルです。

ダウンロードはこちらから。

Gorolib Designさんの方でもマージンガイドを設定するバリエーションがあります。

その他

Illustratorの標準機能では、次の機能*だけ*があります。

  • アートボードに変換
  • オブジェクト全体に合わせる
  • 選択オブジェクトに合わせる

アートボードのサイズを「選択オブジェクトに合わせる」際に、マージンを設定するスクリプトをGorolib Designさんが開発されています。

アートボードに変換

複数の長方形をまとめてアートボードにしたいときには、よそいちさんのスクリプトが最適です。

【Illustrator】選択したオブジェクトをそれぞれアートボードにするスクリプト | Blue-Scre{7}n․net | よそいちのDTPメモ

三階ラボさんのアートボード管理

四角形とテキストをグループ化しておき、それらをアートボードに変換するとき、テキストをアートボード名にする、という三階ラボさんのアートボード管理が最強。

特にパーツごとにアートボードで管理しながら作り、アートボードごとに書き出すような場合には最適です。

アートボード名は検索置換できませんので、ドキュメント上のテキストで管理できるのは強いですね。

よそいちさんのエクステンション

「アートボードのサイズを選択オブジェクトに合わせる」には、よそいちさんのエクステンションが最適かも。

まとめ

下記は、非常に需要があると思うのですが、Illustratorの標準機能では1ストロークではできません。

  • アートボードサイズの長方形を作成する
  • アートボードのサイズを「選択オブジェクトに合わせる」際に、マージンを設定する

よって、スクリプトで解決します。三階ラボさん、Gorolib Designさん、ありがとうございます!