イラレ界の新星、そして、アピアランスは次のステージへ #イラレ知恵袋

ここ最近、主にTwitter界隈でのIllustratorが楽しくなっています。Twitterが主なチャンネルですので、ぜひフォローされるとよいでしょう。

Twitterのハッシュタグ「#イラレ知恵袋」も要チェック。

コロ / イラレ職人さん

怒濤の勢いで日々ポストされています。「え!これはムリなんじゃ…」と思われてたアピアランス技も楽々クリアされるなど、注目度高いです。

アピアランスの楽しさ、凄さを伝道しているという意味での功績もスゴい!

アピアランスまわりのスゴネタ

なかでも、このあたりのネタがスゴい!

なお、私が見落としているのかもしれませんが、スタート時のフォントサイズは12ptみたいです。

いらめも部

みゃむさんが立ち上げたチュートリアルサイト。アナログぽかったり、ほんわかしたテイストの作例が特徴ですが、使われているテクは結構タフ。そのギャップが、また、いいですね。

2019年5月9日のCC道場にも出演されていました。

「0.5秒を積み上げろ」さん

何より、サイトのタイトルがいい。とりあえず、ネタがいつもツボ。MacBook Proを開いて、夜通し語りたいです。 自己紹介もなんかいい。

Illustratorの効率化と、ダンディズムとは何か?を追求しているポールともうします。

hamkoさん(のグループアピアランス)

イラレ界で知らない人はいないくらいのhamkoさんですが、先日ツイートされていた「罫線をグループ化し、線アピアランスに破線を設定、パスファインダー(アウトライン)を設定する」というTipsがむっちゃすごいです。

高橋としゆきさんはもちろん、

長藤寛和さん(三階ラボ)も話題にされています。まさに新感覚!

なお、こちらはレイヤーへのアピアランスで実装することもできます。

hamkoさんのツイート内で紹介されている記事はこちら。

また、この内容の動画版的なものはCreative Cloud道場「第153回 道場破り!」にてアーカイブが残っています。

茄子川 導彦さん

10年くらいアピアランスを大きく進化させた「ミッチー」こと、茄子川 導彦さんですが、先月に独立されたそうです。これからの活動に期待!

オマケ(1)

2019年4月に開催された「DTPの勉強会(東京)第30回」では、カワココさん、hamko(はむこ)さん、樋口泰行さんが出演されていました。

こちらの動画を1,500円(送料込)で購入できます。お申し込みはこちらから。私も拝見したのですが、十分に元が取れる内容です。

過去のほとんどの回の動画を販売されているので、チェックしてみてください。

オマケ(2)

ちょっと前になりますが、カワココさんが出演されたCC道場の回も必見です!

+Designing vol.47

2019年3月発売の+Designingのvol.47はIllustrator特集です。

AmazonのKindleだとすべて画像になってしまっていますが、マイナビBOOKSで電子版を購入するとPDFなので文字がボケません。目次やPDF内のリンクこそありませんが、テキストを検索できます。

vol.47のテーマでは「効率と品質を劇的に上げる! Illustratorデザイン&レイアウト5つの魔法」。+DESIGNINGでは初となる、アプリケーションメインの特集です。
多くのデザイナーに支持されるデザインアプリケーション Adobe Illustratorは、イラストからデザイン、レイアウトにまで使える万能ソフトです。

“Illustratorが一番得意!” “名刺も冊子もポスターもIllustratorで作る!” というデザイナー、制作担当者も多くいるのではないでしょうか。 一方、Adobeアプリのなかでも歴史が長いゆえに数多くのバージョンが存在するのもIllustratorの特徴です。 しかし、長く使っているからこそ、過去の使いかたが定着してしまったり、次々に新バージョンが出るために新機能がキャッチアップしきれないなど、課題を抱える人も多いのではないでしょうか。

この特集では、Illustratorをより効率的に、効果的に使い、品質と速度、効率を上げるためのTipsと実際のレイアウト作業に役立つテクニックを紹介します。そして、もうひとつのデザインアプリ・InDesignのメリットと最適な使い分けについても考えていきます。