Photoshop効果で生じる白い部分を不透明マスクでマスクする

Photoshop効果をかけると、次のように白い部分が生じることがあります。

別件でこれの回避方法を考えていたのですが、不透明マスクを使って解決できます。重くなるし、ハンドリングが面倒いのでバッドノウハウですが、参考までに。

手順

  1. ブラシストローク効果(「はね」)かけたオブジェクトを選択
  2. コピー
  3. 前面にペースト
  4. 塗りを黒にする(効果はかけたまま)

  5. 手順1のオブジェクトと黒にしたオブジェクトを選択し、[透明]パネルの[マスク作成]をクリックする

  6. [反転]オプションをチェックすると、白い部分が透過する

  7. ほかのオブジェクトも同様に繰り返して完成

アクションで実行

次のようにアクションを作ってみました。適用したいオブジェクトを選択してからアクションをスタートします。

  1. 選択範囲を反転
  2. すべてを隠す(最初のオブジェクトのみが表示される)
  3. すべてを選択(最初のオブジェクトのみが選択される)
  4. [移動]コマンドで複製
  5. 塗りを黒に設定する
  6. 不透明マスクを作成
  7. 反転をオン
  8. 隠していたオブジェクトを表示する

ダウンロード

次をダウンロードできます。

  • スタートファイル
  • 完成ファイル
  • アクション

種明かし

不透明マスクでは「白は表示、黒は非表示」が基本。黒いオブジェクト(A)に[マスクを反転]することで「白は非表示、黒は表示」のマスクになります。

「それなら、白いオブジェクト(B)なら反転しなくてよいのでは?」と思いますが、スキマに生じている白と同化してしまうため、今回、こちらはNGです。

また、同じオブジェクトを重ねているため、[クリップ]はオフでOKです。

なお、解説の都合、白いオブジェクト(B)は、白でなく、薄いグレーにしています。

参考記事