InDesignで作成した企画書を、全容が見えるように表示する

InDesignから書き出したPDFファイルを、Illustratorに「PDF読み込み」すると、ページ数のアートボードが作成され、それぞれに配置されます。

これを使ってIllustratorで、PDFの全容を俯瞰したり、さらにコメントを書き込めます。

IllustratorへのPDF貼り込み

Illustrator CC 2018の2018年3月アップデートにて「複数ページの Adobe PDF ファイルの読み込み」機能が追加されました。

「PDFファイルを開く」操作により、IllustratorでPDFのページ分のアートボードを作成しながら、各ページに配置してくれる機能です。

流れ

  1. InDesignで8ページのドキュメントを作成し、PDFに書き出す。

  2. Illustratorに切り替え、[ファイル]メニューの[開く]をクリックし、InDesignから書き出したPDFを選択する

  3. [PDF読み込みオプション]ダイアログボックスが開くので[ページ選択]を「すべて」に変更し、[OK]をクリック([最適なパフォーマンスを得るためにPDFページをリンクとして読み込み]オプションはオンのままにしておくことで、リンク配置される)

  4. PDFのページ数と同じ数のアートボードが作成され、各アートボードにPDFのそれぞれのページが配置される

  5. 必要に応じて、[すべてのアートボードを再配置]機能を使って並び替えを行う

  6. Illustrator CC 2018以降、[アートボードツール]を選択時に、アートボードをオブジェクトとして選択して整列を行うことができる(ただし、キーオブジェクトの設定はできない)

  7. また、すべてのアートボードを含むアートボードを作成し、アートボード1に設定しておくと、Quick Lookで全体像として確認できるほか、このアートボードをプリントアウトに利用できる

修正への対応

後からInDesignファイルに修正が加わることもあるだろう。この場合には、同じ名称で書き出すことで自動更新が可能。

  1. [リンク]パネルを開くと、ファイル名のみしか見えないが、PDFのどのページを配置したかの情報も記憶している。

  2. いったん、Illustratorドキュメントを閉じる

  3. InDesignで修正し、PDFを上書きする

  4. Illustratorドキュメントを開くと、リンクは自動更新される

懸念事項

  • ページ順の入れ替え、ページが増える場合の扱いが面倒。