2020年の大移行(Silicon Mac、macOS Big Sur)

CC 2021、macOS Big Sur、そして、Silicon Macと呼ばれるハードウェアと大きな変革期に突入しました。

同時期に3つが来てしまったため、全体像や個々の対応状況を把握するのが面倒なだけでなく、状況も刻一刻と変わりつつあります。

  • これまでMacはIntelプロセッサーを搭載してきたが、独自開発のARMプロセッサーを搭載したハードウェアが2020年11月にリリースされた(MacBook Air、MacBook Pro 13inch、Mac mini)
  • 同じタイミングでmacOSの新バージョン「macOS Big Sur」がリリース。これまでの「10.x」から「11」に
  • 「Apple Silicon Mac」+「macOS Big Sur」ではiPadアプリが動く(すべてではなく一部)
  • macOS Big Sur上でCreative Cloudは動作する。ただし、「Apple Silicon Mac」ではネイティブでは動作しない。

macOS Big Sur

macOS Big Surはバージョンにして11.0。長らく10.xでしたが11になりました。

いうまでもなく、お仕事用に使うのは当分、避けましょう。

以下のバージョンのアプリは Big Sur で動作しますが、いくつかの問題が確認されています。

意図せず、インストールしてしまう可能性を少しでも低くするために、[アップデートを確認]をオフにしておきましょう。

互換性やトラブル情報

ユーティリティの対応

macOS Big Sur対応も兼ねてメジャーアップデートしたユーティリティ一覧。

Default Folder Xは、アイコンが変更されています。

Apple Silicon Mac

まず、名称がややこしいので、整理しておきましょう。

「Apple Silicon Mac」「ARM Mac」「M1搭載Mac」などなど、さまざまな名称で呼ばれています。

M1はプロセッサーの名称です。乱暴にいうと「プロセッサー」=「チップ」=「CPU」です。

こちら(↓)の表は、私(鷹野)がまとめたものです。

悩ましい実力…

Apple Silicon Macを導入することはすなわち、macOS Big Surへの移行を意味します。

  • バッテリーが持つ
  • 熱くならない

など、絶賛されている方が多い印象。

アドビ以外のアプリのネイティブ対応

Google Chromeはネイティブ版が用意されています。

Office for MacはM1対応のβ版がインストール可能になっています。

  • [M1 Mac対応Apple Siliconバイナリ版「Office for Mac」ベータ公開 - ITmedia NEWS](https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2011/13/news061.html

Apple Silicon Mac上でiPadアプリが動く?

App Storeアプリにて「iPhoneおよびiPad App」と表示されているものが対象として、iPadアプリをインストールできます。

反響や動作検証など

Silicon Macとアドビのアプリケーション

そもそも問題として、「現在、アドビのアプリは ARM プロセッサーに対応していません。」と明言されています。

Creative Cloudデスクトップ

Silicon MacにCCDA(Creative Cloudデスクトップアプリ)をインストールすると、上部に「ベータ版」と表示されます。

アプリケーションアイコンもβ版風になっています。

インストール可能なアプリケーション

次のアプリケーションは、インストールして動作できます。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • InDesign
  • Acrobat

現在、Apple silicon デバイスをお使いです。新しいバージョンのこのアプリケーションは、Apple silicon 用に開発されていますが、Intel ベースのバージョンもご利用いただけます。

「このアプリケーションは、Apple silicon 用に開発されています」は、正しくは「このアプリケーションは、Apple Silicon 用に開発中です」の間違い。現在は、Intel版のみが公開されています。

ネイティブ対応

反響など