Illustratorで立方体の見取図を描く

次のような立方体の見取図をIllustratorで描く方法について考えました。

ss20190422-003751 from swwwitch on Vimeo.

手順(見取図を描く)

パスファインダーの[アウトライン]、[分割]を使い分けます。

  1. 長方形を描画する
  2. option + ドラッグで複製する
  3. 2つの長方形を選択し、[コピー]する
  4. [ダイレクト選択ツール]で横線を選択し、削除する
  5. [選択ツール]で左の2つの直接を選択し、command + Jで連結する
  6. 再度、command + Jで連結する
  7. 右側の2つの罫線も連結して長方形にする

  8. [同じ位置にペースト]を実行して、[コピー]しておいた2つの長方形をペーストする

  9. パスファインダーの[アウトライン]を実行する
  10. (奥の線を)破線に設定する
  11. 分割されている線を連結する(複数選択してcommand + J)
  12. 3つの罫線を選択し[隠す]
  13. パスファインダーの[分割]を実行する(罫線は「なし」になる)
  14. 罫線を実線に設定し、[すべてを表示]を実行し、隠していた罫線を表示する

手順(塗り)

ライブペイントを使うことで、面になっていない領域を塗ることができます。

  1. 上部の面を下方向にドラッグコピーする
  2. [ダイレクト選択ツール]でオレンジ色の部分の罫線を選択し、[カット]する
  3. [同じ位置にペースト]を実行する
  4. 全体を選択し、[オブジェクト]メニューの[ライブペイント]→[作成]をクリック
  5. [塗り]のカラーを設定する(全体にカラーが適用される)
  6. [ライブペイントツール]を選択し、カラーを選択し、クリックして塗りを適用していく
  7. 同様に繰り返す

その他

次のようなアプローチもあります。

追記(2019年4月23日):

コロ / イラレ職人さんのツイートを拝見していて、3D効果から行くのもアリだな、と。

  1. 「線」ではなく「塗り」にアピアランスを設定する

  2. [表面]に「ワイヤフレーム」を選択

  3. アピアランスを分割すると、塗りではなく、罫線の集合になっている

  4. 「クリップグループ」の集合になっているため、クリッピングマスクを解除する

追記(2019年5月5日):

「分割されている線を連結する」操作ですが、直接であってもアンカーポイントが残ってしまいます。[ペンツール]でクリックしてもいいのですが、[パスの単純化]を使ってアクションを作成します。

  1. 連結
  2. [パスの単純化]ダイアログボックスで[直線]オプションにチェックを付け、[角度のしきい値]を「180」度に設定

連結の追加

ただし、アクションには、なぜか[連結]を登録できないので、次のように操作します。

  1. [アクション]パネルメニューから[メニュー項目を挿入…]をクリック

  2. 「連結」を入力して、[検索:]ボタンをクリック

  3. アクションに登録されたら、順番を変更する