「最近イラレの色味が、なんかヘンかも!?」と思ったらカラー設定を確認しましょう

この記事内の目次

Photoshopを最新版(22.3、2021年3月15日リリース)にアップデートすると、Illustratorのカラー設定が「Illustrator 5.5をエミュレート」に変わってしまうようです。

回避方法

アドビの公式情報として、次のようにアナウンスされています。なかなかファンキーな状況。

この現象は、Photoshopの v22.3 へのアップデートが起因している可能性が高いことが現在確認できています。そのため、Photoshopをひとつ前のバージョン(22.2)をお使いいただくことで、こちらの問題を回避することができます。

こちら、全ユーザーにメールにて羞恥すべき事案だと思うんです。「アドビサポートコミュニティ」に書いたからいい、とは思えないのですが…

カラー設定の変更

カラー設定の変更は[編集]メニューの[カラー設定]から行います。キーボードショートカットは⌘ + shift + K。

Bridgeでのカラー設定の同期(は信用しないで!)

過去には、BridgeにてIllustrator、Photoshop、InDesignの各アプリのカラー設定を同期できましたが、やはり、Photoshop 22.3に起因して不具合が出ているようですので、信用しないように注意。

キーボードショートカットについて

Illustratorでの「K」

Illustratorでは、キーボードショートカットの「K」は主に環境設定関連で使われています。

  • ⌘ + K:環境設定
  • ⌘ + option + shift + K:キーボードショートカット
  • ⌘ + shift + K:カラー設定

トラッキングのみ例外です。

  • ⌘ + option + K:トラッキング(tracKing)

カラー設定のキーボードショートカット

カラー設定のキーボードショートカット「⌘ + shift + K」は、次のアプリケーションで共通です。

  • Illustrator
  • Photoshop
  • Bridge

InDesignのみ、禁則処理セット(KinsokuのK)になっています。

カラー設定について

「そもそもカラー設定がよくわからない」という方は、やもめもの記事を熟読しましょう。