InDesignのフレーム調整オプションとキャプション

InDesignでのフレーム内に配置した画像の調整、そして画像のキャプションついてまとめてみました。まずは、基本的なところから。

フレームと画像

InDesignでは、画像やテキストは、必ずフレーム内に入っている必要があります。配置コマンドを使って画像を配置すると、フレームは自動的に作成されます。カラム数を変更できます。

画像の位置を調整する

[ダイレクト選択ツール]で画像が入っているフレームにマウスオーバーすると、[手のひらツール]に切り換わります。そのままドラッグして位置を調整できます。

[選択ツール]を選択しているときに画像が入っているフレームにマウスオーバーするとフレームの中央に「コンテンツグラバー」が表示されますので、([ダイレクト選択ツール]に切り換えなくても)画像の位置を調整できます。

コンテンツグラバーは便利な反面、フレームを移動しようとして、画像を動かしてしまうことがあるため、私は非表示にしています。

コンテンツグラバーを非表示にするには、[表示]メニューの[エクストラ]→[コンテンツグラバーを隠す]をクリックします。

フレームと画像の選択の切り換え

フレームを選択しているとき、画像にフォーカスするには、shift + escキーを押します([オブジェクト]メニューの[選択]→[内容])。

「コンテンツグラバー」を挙げるまでもなく、「内容」は、「コンテンツ」とすべてきですが、訳す必要のないところまで訳してしまったようです。

画像にフォーカスしているとき、フレームを選択するには、escキーを押します([オブジェクト]メニューの[選択]→[親のフレーム])。キーボードショートカットはescキーです。

画像を選択時、コントロールパネルには、画像に関する情報が表示されます。[X]が[X+]、[Y]が[Y+]になっていることに注目しましょう。

オブジェクトサイズの調整

フレーム内の画像の大きさや位置の調整には、次の方法を使って行います。

  • メニューコマンド
  • ボタン(コントロールパネル、[プロパティ]パネル)
  • キーボードショートカット

[オブジェクト]メニュー(または、画像のフレームを右クリックして表示されるメニュー)の[オブジェクトサイズの調整]のサブメニューには、次の6つのコマンドがあります。

  • フレームに均等に流し込む
  • 内容を縦横比に応じて合わせる
  • 内容を自動認識に応じて合わせる
  • フレームを内容に合わせる
  • 内容をフレームに合わせる
  • 内容を中央に揃える

[内容を自動認識に応じて合わせる]は、InDesign CC 2019から追加されたコマンドです。

結果を図解すると、次のような結果になります。

[フレームを内容に合わせる]は、フレームの大きさも変更されますが、それ以外は、フレームの大きさを変更せずに内容が変更されます。

コマンド名挙動英語版の
コマンド名
縦横比
フレームに均等に流し込む画像が見切れないように配置されるFill Frame Proportionally
内容を縦横比に応じて合わせる画像の長辺がフレーム内で見切れないように変形されるため、フレーム内の余白が見えてしまうことがあるFit Content Proportionally
内容を自動認識に応じて合わせる画像の内容を判断して、大きさや位置を調整してくれるContent-aware Fit
フレームを内容に合わせる画像に合わせて、フレームの大きさが変更されるFit Frame to Content
内容をフレームに合わせる縦方向、横方向ともにフィットするように配置されるFit Content to Frame×
内容を中央に揃える画像の中央がフレームのセンターになるように移動する(画像の大きさは変更されない)Centre Content

 

キーボードショートカットを使って実行するほか、コントロールパネルにあるボタンを使うこともできます。

[プロパティ]パネルでは、1列で表示されます。

細かいツッコミを入れると「内容をフレームに合わせる」と「フレームを内容に合わせる」が、メニューコマンドの順番と入れ違っています。

  • 現実的には、縦横比が狂ってしまう[内容をフレームに合わせる]を使うことは、ほぼありません。
  • [内容を縦横比に応じて合わせる]はフレーム内に余白が生じてしまうため、使うケースが限定されます。
  • [内容を中央に揃える]は、内容の位置調整のみ。
  • フレームの大きさを変更せずに内容を変更する場合に用いるのは[フレームに均等に流し込む]です。

フレーム調整オプション

オブジェクトサイズの調整を行う上で、ぜひとも使いたいのが「フレーム調整オプション」です(InDesign CS3から搭載)。

[オブジェクト]メニュー(または、画像のフレームを右クリックして表示されるメニュー)の[オブジェクトサイズの調整]から[フレーム調整オプション]をクリックします。

[フレーム調整オプション]が開いたら、[サイズ調整]オプションから、次のオプションを選択することができます。

  • 内容をフレームに合わせる
  • 内容を縦横比に応じて合わせる
  • フレームに均等に流し込む

[トリミング量]を設定すると、フレーム内で“裁ち落とし”されるようになります。

[自動調整]オプション

さらに、使いたいのが[自動調整]オプション。

このオプションをオンにすると、[サイズ調整]オプションに「フレームに均等に流し込む」が選択され、余白が生じないまま、フレームの大きさに応じて、画像の大きさが自動的に調整されます。

その際、[整列の開始位置]にて、基準となる座標を選択することができます。

ドキュメントデフォルトとアプリケーションデフォルト

特定のフレームを選択していない状態で「フレーム調整オプション」を設定すれば、その後に作成するすべてのフレームが対象になります。これを「ドキュメントデフォルト」と呼びます。

ドキュメントを開いていない状態で「フレーム調整オプション」を設定すれば、その後に作成するすべてのドキュメントが対象になります。こちらは「アプリケーションデフォルト」です。

「フレーム調整オプション」に関わらず、ドキュメントデフォルトとアプリケーションデフォルトをうまく利用すると、制作の手間を解消するのにつながります。

オブジェクトスタイル

フレーム調整オプションは、オブジェクトスタイルに登録することもできます。

内容を自動認識に応じて合わせる

「内容を自動認識に応じて合わせる」は、InDesign CC 2019から機能。

画像の内容を判断して、大きさや位置を調整してくれます。

環境設定の[一般]カテゴリ内、[「内容を自動認識に応じて合わせる」をデフォルトのフレームサイズ調整オプションにする] がデフォルトでオンになっています。

図解してみるとこんな感じ。

後から[内容を自動認識に応じて合わせる]オプションを適用する場合、JPEG画像では90度回転しまうというファンキーな仕様が発動することがあります。

ここまでのまとめ

よく使うものには、キーボードショートカットを設定して使いましょう。

ロジックを理解できたら、なるべく省力化できるようにワークフローを調整していきましょう。

キャプション

図版にはキャプションが付きものです。InDesignにはキャプション作成の支援機能がいろいろあります。

キャプション作成の手順

  1. 配置された画像を選択し、[オブジェクト]メニューの[キャプション]→[キャプション設定]をクリック

  2. [キャプション設定]ダイアログボックスで[キャプションと画像をグループ]オプションにチェックを付ける(ダイアログボックスを閉じる)

  3. 画像を選択し、[オブジェクト]メニューの[キャプション]→[キャプション作成]をクリックすると、キャプションが作成され、画像とテキストフレームがグループされる

メタデータ

[キャプション設定]ダイアログボックスの[メタデータ]の初期設定は「名前」になっています。つまり、ファイル名がキャプションのテキストとして参照されます。

メタデータとは「データに属するデータ」、つまり、ファイルのファイル名や作成日や最終更新日などの情報です。撮影データの場合には、レンズ、シャッタースピードや絞り値などのEXIF情報を持っていることがあります。

デフォルトの「名前」に、拡張子を含めないオプションがあればよいのですが、Finderの環境設定を変更しても入ってしまうようです。

[タイトル]を選択するのがよいでしょう。

PhotoshopやBridgeでのファイル情報([ファイル]メニュー)の[ドキュメントタイトル]が参照されます。

Bridgeの[メタデータ]パネルで[ドキュメントタイトル]を編集できそうですが、残念ながらできません。

ライブキャプション作成の手順

キャプション作成は、配置した画像に対して実行しました。

カタログのように先割りレイアウトで多くの画像を配置する場合などに重宝するのがライブキャプションです。

  1. [キャプション設定]ダイアログボックスで[キャプションと画像をグループ]オプションにチェックを付ける(ダイアログボックスを閉じる)
  2. 空の画像フレームを選択し、[オブジェクト]メニューの[キャプション]→[ライブキャプションの作成]をクリック

  3. 「<交差したリンクなし>」と書かれたテキストフレームが作成され、、画像とテキストフレームがグループされる

  4. 複製する

  5. 画像を配置すると、自動的にキャプションが挿入される

ライブキャプションの修正

ライブキャプションそのものを削除することはできますが、1文字単位での編集を行うことができません。

ライブキャプションの修正するには、テキストフレームを選択し、[オブジェクト]メニューの[キャプション]→[キャプションに変換]をクリックします。

キャプション設定のコツ

[キャプション設定]ダイアログボックスについて深掘りしておきましょう。

  • [先行テキスト]や[後続テキスト]を使って、「図版:」のような名称を設定することできます。
  • キャプションには、段落スタイルを適用できます。[先行テキスト]や[後続テキスト]では自動ナンバリングはできません。段落スタイルに自動番号を設定することで実現します。
  • 複数のメタデータを追加することができますが、実用度は少ないです。
  • [揃え]オプションで「画像の下」以外に、右、左、上を選択したり、[オフセット]で図版とテキストフレームとの距離を設定できます。
  • キャプションと画像は、必ずしもグループする必要はありません。デフォルトではオフです。

コンタクトシート(カラム分けしながら自動配置)

InDesignでは[配置]ダイアログボックスで複数の画像を選択できます(CC以降、Illustratorでも可能になりました)。

InDesignでは、複数画像を配置時に行数・列数を指定しながら配置することができます。

  1. 配置時、command+shiftを押したままにするとアイコンが変わります。

  2. ドラッグするとフレームがカラム分けされ、マウスボタンを離すと自動的に配置されます。

    ドラッグ中に矢印キーを押せば、縦・横のカラム数を変更できます。

  3. [オブジェクト]メニューの[キャプション]→[キャプション作成]をクリックしてキャプションを作成します。

カラム幅の変更

commandキーを押しながら矢印キーを押すと、カラム幅を変更できます。

配置時の[キャプション作成]

[配置]ダイアログボックス内に[キャプションを作成]オプションがあるのですが、揃えやグループ化が効かないなど、使い勝手がうまくありません。

ここまでのまとめ

キャプションの作成機能を最大限に利用するには、画像のファイル名やメタデータの管理が必須です。

まとめ

今回は、InDesignでのフレーム内に配置した画像の調整、そして画像のキャプションについて取り上げました。

多くの図版を配置したり、キャプションを設定されている方は、これからの機能を使いこなすことで劇的に効率化できるでしょう。

参考になる記事

ファンキー仕様とワークアラウンド

気になった点など。

フレーム調整オプションと環境設定

[内容を自動認識に応じて合わせる]オプションが、「フレーム調整オプション」になく、環境設定にある。

ちょっとややこしい。

名前の拡張子

ファイル名をキャプションに利用するのが美しいが、拡張子が入ってしまいます。

これに関しては海外でも話題になっており、次の方法が紹介されています。

  • 正規表現スタイルで拡張子を見えなくする(カラー:なし、文字サイズ:1pt)
  • 検索と置換で段落「caption」を設定したテキストに対して、「\..+」を検索し、削除する

メタデータのタイトル

せめてBridgeでメタデータのタイトルを編集しやすくなっていると吉。

ドキュメントタイトル(メタデータ内)、タイトル(InDesign)の用語も統一して欲しい。

JPEG画像に[内容を自動認識に応じて合わせる]を適用すると90度回転する件

すぐに直るでしょう。と思いきや、半年経ったが直っていない。

[配置]ダイアログボックスのオプションの[キャプションを作成]

論外。

ローカライズ(1)内容を自動認識に応じて合わせる

英語版では「Content-aware Fit」。Photoshopでお馴染みの「コンテンツに応じる」は、今後使わない方針らしい。

それはよいとして「自動認識に応じて」は、ちょっとカタい。

文字面だけを見たときに、どれがどれがわかりにくいこともあり、「コンテンツに応じる」の方がありがたかった。

ローカライズ(2) 「<交差したリンクなし>」

「<交差したリンクなし>」というローカライズが意味不明。 英語版では「\」。“交差”がどこから来ているのか不明。

ちなみに、リンクされていても該当データが空白のときにも表示される。

「リンク画像からのデータなし」あたりでよさそう。

参考リンク: