ソースコードの組版(InDesignでの文字スタイル/段落スタイル)

この記事内の目次

案件でソースコードを扱う件があり、次のようなことを考えていました。

合字を避ける

ソースコードでは「合字」はオフにしておいた方がよいでしょう。

[基本文字形式]の[欧文合字]オプションをオフにします。

[欧文合字]は、文字スタイルでも設定できます。

ハイフネーション

ソースコード内でハイフネーションが生じると「入れるべきハイフンなのか、入ってしまったハイフンなのか」読者は判断できません。

※デフォルトでは、

段落スタイルで[ハイフネーション]をオフにしてもよいのですが、ソースコード以外も対象になってしまいます。

文字スタイルで設定したいところですが、文字スタイルにはハイフネーションは設定できません。

そこで文字スタイルの[言語]を「日本語」にします。これによってハイフネーションがかからなくなるほか、スペルチェックの対象からもはずれます。

デフォルトでは、欧文部分の言語は「日本語」になっていますが、私はスペルチェックのために、デフォルトで正規表現スタイルをかましています。

タグの中の日本語

次の例のように、最初の「ローション」はタグの中、2つの「ローション」はタグ外ですので、異なる体裁にしたいところです。

段落スタイルでは2つの「ローション」に適用したい書式を設定し、「先頭文字スタイル」を使ってソースコード用の文字スタイルを自動適用します。

インデント

ソースコードのブロックは、強制改行した方がハンドリングがよいのですが、「ここまでインデント」(⌘ + \)すると、それ以降、すべてに影響してしまいます。

強制改行でなく、改段落で改行します。

まとめ

ソースコード用に「文字スタイル」を作成し、次の設定を行います。

  • 等幅フォントなど、ソースコードっぽいフォントを指定する(欧文フォントではカバーできないので合成フォントを作成する)
  • [欧文合字]をオフ
  • [言語]を「日本語」に(結果として、ハイフネーションがオフになり、スペルチェックの対象から外れる)

HTMLのソースコード場合の場合には、先頭文字スタイルで文字スタイルを自動適用する。