ShadesをやめてDimmerにした(ディスプレイの輝度をアプリケーションで制御する)

特にiMacなど、輝度の高いディスプレイは目が極度に疲れます。

iMac以外でも輝度を下げると目がラクです。ずっと、Shadesというシステム拡張を使ってきました。

ところが、macOS Mojave(10.14)にしてから調子が悪い。

  • 「Connecting to Shades...」が出たまま
  • よって、Slider controlのUIを画面から消すことができない

つまり、Slider controlが邪魔で困っています。

代替アプリケーションを試す

同様のアプリケーションがいろいろありますが、中には「スクリーンショットを撮るときにウィンドウを選択できない」などの問題があります。

次の3つを試してみました。

  • Dimmer.app
  • Screen Shade.app
  • ScreenDimmer.app

結論として、Dimmer.appがよさそうです。キーボードショートカットでの輝度変更も可能。

Dimmer.appの難点(設定ダイアログボックスを消せない)

ひとつ難点があり、設定ダイアログボックスを消すことができません。

そこで、Keyboard Maestroを使って「command + H」に「command + W」を設定。

Mac App Storeでの返金

macOS/iOSのアプリには体験版がないため、購入した後に「うまく動かない」「想定したように動かない」ことがあります。

この場合には、購入履歴から「問題を報告する」をクリックします。

次のリストから選択して送信します。

ごくまれにリジェクトされることもありますし、気軽にするものではないと思いますが、ご参考までに。