ウインドウの最小化を殺す

macOSの「ウインドウの最小化」。 効率化という面では“敵”でしかありません。

  • macOSでは、ランプの精が吸い込まれるようなアニメーションを伴うため「ジニーエフェクト」と呼ばれる。楽しい反面、時間がかかる
  • 最小化されたウィンドウを呼び戻すのが面倒。さらに、この際にアニメーションが発生する

「ウインドウの最小化」を行うには

改めてですが、「ウインドウの最小化」を行うには、次のいずれかの操作を行います。

  • ウィンドウ左上の「オレンジのボタン」をクリックする

  • [ウィンドウ]メニューの[しまう]をクリックする

  • [ウィンドウ]メニューの[しまう]のキーボードショートカットであるcommand + Mを押す

なお、Finderでは「ウインドウ」「しまう」ですが、アドビ系のアプリケーションでは「ウィンドウ」「ウィンドウを最小化」。のように、言い回しは揺れています。

ウィンドウ左上の「オレンジのボタン」を無効にする

BetterTouchToolを使います。

[Other]セクション内で[Trigger]に「LeftClick Orange Window Button」を選択、[Predefined Action]に「No Action」を指定します。

Finderでは有効ですが、Illustrator、Photoshopでは、効きません…

キーボードショートカットを無効にする

次のアプローチがあります。

アプリケーションのキーボードショートカットを変更する

Photoshopではcommand + Mに[トーンカーブ]が設定されていますが、Illustratorでは、キーボードショートカットにて設定されています。

これをオフにするか、command + Mをほかのコマンドに割り当てます。

「最小化」コマンドに対して、ちょっとムリ目のキーボードショートカットを設定する

[システム環境設定]の[キーボード]-[ショートカット]にて、次のコマンドにcommand + control + option + shift + Mキーなど、ちょっとムリ目のキーボードショートカットを設定する

  • しまう
  • 最小化
  • Minimize
  • ウインドウ->しまう