MacBook Proの蓋を閉じずにクラムシェルを使う(2019年)

2016年以降のMacBook Proでは、いわゆる「マグネット・トリック」が使えなくなってしまいました。

一番は「放熱問題」。また、不要な負荷もかかりますので、「lid open」にて使いたいところ。

「マグネット・トリック」のほか、Terminalのコマンドも使えなくて困っていましたが、SwitchResXでできました。

  1. Display Setsを作成する
  2. オフにしたいモニター(MacBook Pro=「Color LCD」)を選択し、[This display is]:「Inactive」にする
  3. Display Setsを選択する

SwitchResXは、$16.00の有償ユーティリティです。

猫対策(1)内蔵キーボード

MacBook Proの蓋が開いているとき、猫が乗ってきて邪魔されることがあります。

Karabiner-Elementsの[Devices]タブ内、[Disable the built-in keyboard while one of the following selected devices is connected]にて「Magic Keyboard」にチェックを付けると、内蔵キーボードが無効になります。

猫対策(2)トラックパッド

システム環境設定の[アクセシビリティ]の[マウスとトラックパッド]で[マウスまたはワイヤレストラックパッドがあるときは内蔵トラックパッドを無視]オプションをオンにします。

AppleScript

次のAppleScriptで[マウスまたはワイヤレストラックパッドがあるときは内蔵トラックパッドを無視]オプションをトグルできます。

if running of application "System Preferences" then
    quit application "System Preferences"
    delay 1
end if
tell application "System Preferences"
    reveal anchor "Mouse" of pane id "com.apple.preference.universalaccess"
    delay 1
    tell application "System Events"
        click checkbox 3 of group 1 of window 1 of application process "System Preferences"
    end tell
    quit
end tell