ビデオ撮影後の動画の切り出し

ビデオカメラにもよると思いますが、単純に必要な部分のみを取り出す場合、次のように行っています。

ビデオの読み込み

動画は「AVCHD」形式にて保存されているため、これをMOVファイルに変換します。

  1. SDカードをMacに挿入する
  2. 「PRIVATE」フォルダーを開き、「AVCHD」をダブルクリックする

  3. 「AVCHD」ウインドウが開くので、該当するクリップを選択し、[OK]ボタンをクリック

  4. QuickTime Playerが開くので、[ファイル]メニューの[書き出す]→[720p](または「1080p」)をクリック

コツ

「複数セッションで構成されるセミナーイベント」の場合、セッションごとにビデオを停止するのでなく、休憩時間も含めて一気に録画します。

AVCHDからの変換作業を1回で済ませられるので、総合的にこの方が早いです。

ファイルの切り出し

「ジェットカット」と呼ばれる編集方法にて行います。

  1. 書き出したMOVファイルをQuickTime Player 7(Pro)で開く
  2. Iキーを押して開始点を決定する(I=in)
  3. Oキーを押して開始点を決定する(O=out)
  4. command + Cでコピー
  5. command + Nで(空の)新規ファイルを作成
  6. command + Vでペーストし、保存

「ここをカットしたい」等の場合には、Iポイント/Oポイントを設定し、command + Xでカットします。

参考

QuickTime Player.app(最新バージョンは10.4)だと、Iポイント/Oポイントの設定が逆に面倒です。