Photoshopでのスクリーンショットの合成

仕事柄、スクリーンショットを“正確に”合成する場面がよくあります。

この際に利用できる3つのアプローチについてまとめました。

  • レイヤーを自動整列
  • 描画モードの「差の絶対値」
  • Photomerge

レイヤーを自動整列

  1. 事前に合成したいファイルを開いておく

  2. [ファイル]→[スクリプト]→[ファイルをレイヤーとして読み込み]をクリック

  3. [レイヤーを読み込む]ダイアログボックスが開くので、[開いているファイルを追加]ボタンをクリック

  4. すべてのレイヤーを選択([選択範囲]メニューの[すべてのレイヤー])

  5. [編集]メニューの[レイヤーを自動整列]をクリック

  6. そのまま、[OK]ボタンをクリック

  7. ファイルを保存

  8. すべてのファイルを閉じる

なお、合成されるのは「新規ファイル」で、開いているファイルにはなんら影響しません。

[レイヤーを読み込む]ダイアログボックス

[開いているファイルを追加]ボタンをクリックのほか、[参照…]ボタンをクリックしてファイルを選択することもできます。

アクションでできないの?

アクションの場合、[レイヤーを読み込む]ダイアログボックスで[開いているファイルを追加]ボタンをクリック操作を自動化できません。

Keyboard Maestroでの実行

Keyboard Maestroのマクロを作成しました。

描画モードの「差の絶対値」

重なっている領域が少ないなど、「レイヤーを自動整列」がうまくいかないときには、描画モードの「差の絶対値」を使います。

こちらは手作業で行います。

  1. ひとつのファイルを開いておき、そこに合成したいファイルを配置する

  2. 配置したファイルの描画モードを「差の絶対値」に設定する(option + shift + Eキー)

  3. 黒く塗られたところが真っ黒になるように位置を調整する

  4. 配置したファイルの描画モードを「通常」に設定する(option + shift + Nキー)

動画

参考

描画モードの「差の絶対値」は、Illustratorでも使えます。

Photomerge

Photomergeは、パノラマ合成を行うときなどに利用しますが、スクリーンショットの合成でも使えます。

  1. 事前に合成したいファイルを開いておく
  2. [ファイル]→[自動処理]→[Photomerge…]をクリック
  3. [Photomerge]ダイアログボックスが開くので、[開いているファイルを追加]ボタンをクリック

Photoshopの場合には、自動でマスクされます。

また、[コンテンツに応じた塗りつぶしを透明な領域に適用]オプションが加わっていました。