IllustratorユーザーのためのXDの勘どころ

レスポンシブリサイズ、アニメーション、ドキュメントをまたがるシンボル、プラグインなど、XDの死角がなくなりつつあります。

Illustrator使いの方が戸惑う点やキーボードショートカットの一貫性のためのカスタマイズについてまとめてみました。

ツール切り換えのキーボードショートカット

Illustratorでは、

  • 長方形ツール:M
  • 楕円形ツール:L

だが、XDでは、次のように異なっている。

  • 長方形ツール:R(rectangle)
  • 楕円形ツール:E(ellipse)

XD流なら左手で完結できるだけでなく、隣り合っていてわかりやすい。ここはXD流に変えてしまうのがよさそう。

XDAi違い備考
ツール名ショートカットショートカット
選択範囲VV選択
長方形RMrectangle
楕円形ELellipse
L\line
ペンPPpen
テキストTTtext
アートボードAshift + OA:ダイレクト選択
ズームZZzoom

整列

Illustratorの整列にはキーボードショートカットを割り当てできない。一方、XDにはデフォルトでキーボードショートカットが割り当てられている。

XDの整列

XDでは、次のようにキーボードショートカットが割り当てられている。

まとめるとこんな感じ。center/middleは少しトリッキーだが、実に理に適った設定。

カテゴリコマンドキーボードショートカット覚え方
整列左揃えcommand + control + ←
中央(水平方向)command + control + Ccenter
右揃えcommand + control + ← 
上揃えcommand + control + ↑ 
中央(垂直方向)command + control + Mmiddle
下揃えcommand + control + ↓ 
分布水平方向command + control + Hhorizontal
垂直方向command + control + Vvertical
  • Illustratorのように[オブジェクトの分布]の機能はない。XDの[分布]は、Illustratorでいう[等間隔に分布]のこと
  • XDの[垂直方向]、[水平方向]は、Illustratorとは順番が違い違い
  • XDの整列では、キーオブジェクトの設定が行えない。XDではロックしてもオブジェクトを選択できるが、整列の対象にはならない。
  • XDの整列では、「アートボード」を対象にできない。しかし、選択しているオブジェクトがひとつだけの場合には、アートボードに対して整列される。まとめて中央に揃えたい場合などにはグループ化すればよい。

Illustratorで整列にアクションを設定するには

Illustratorの整列にキーボードショートカットを設定するには、アクションを作成し、そのアクションに対してキーボードショートカットを設定する。

アクションの設定方法については、DTP Transitにて紹介している。

Illustratorの[アクション]パネルメニューから[アクションの読み込み]でこちらのファイルを読み込めば、アクションから整列操作が可能になる。

なお、おまけとして、水平方向、垂直方向ともに中央揃えにするアクションを入れてある。

Keyboard MaestroでXD風にキーボードショートカットを与える

Macユーザーで、かつ、Keyboard Maestroをお使いであれば、こちらのファイル(Illustrator(整列)XD風 Macros.kmmacros)を読み込むことで、XDのキーボードショートカットで、Illustratorの整列アクションが使えるようになる。

パスファインダー

複数のオブジェクトを合体したり、型抜きするパスファインダーを、XDではブール演算と呼ぶ。

Illustratorではoptionキーを併用することで、仮の適用(複合シェイプ)となるが、XDでは基本が仮の適用状態。[パスの変換]コマンドが、Illustratorの「複合シェイプの拡張」にあたる。

さらに、XDでは、最初からキーボードショートカットが用意されている。

[プロパティ]パネルからもメニューからも実行できる。

コマンドキーボードショートカット覚え方
合体command + option + UUnite
前面オブジェクトで型抜きcommand + option + SSubtract
交差command + option + IIntersect
中マドcommand + option + XeXclude

合体時の重なり順

Illustratorは上のオブジェクトの属性が残るが、XDは逆(下のオブジェクトの属性が残る)。

後から図形を描画すると、上に配置されるが、足したい場合には下のオブジェクトの属性を残したいので、XDの挙動の方が理に適っている。

選択したオブジェクトを拡大

XDには、[選択範囲に合わせてズーム]というコマンドがあり、これが非常に重宝する。

Illustratorでは、CC 2017以降、選択しているオブジェクトが中心になるように拡大されるようにズームの挙動が変わりました。

次の2つのスクリプトに、キーボードショートカットを割り当てれば、一発で拡大することができる。

前者のスクリプト(ZoomAndCenterSelection)だと大きすぎるので、最後に1行加えておくとよい。

app.executeMenuCommand("zoomout")

XDのローカリゼーション

ローカリゼーションを行う方は、まずは、前例(ほかのアプリケーション)の状況を見て、一覧表を作った方がよいでしょう。

現状正しくは場所備考
非表示隠す[オブジェクト]メニューIllustratorもInDesignも[隠す]です。また、[非表示]を実行した後に、何かするまでバウンディングボックスの青い線が消えない。
保存時の状態に戻す復帰[ファイル]メニュー「保存時の状態に戻す」の方が日本語としてはこなれていますが、ほかのアプリケーションはすべて[復帰]
除外中マドレイヤーパネル[中マド]を実行すると、レイヤー名が「除外」になってしまう
選択範囲ツール選択ツールツール名Photoshopでさえ、[長方形選択ツール]のように「範囲」はありません。
境界線[プロパティ]パネル境界線ではないですし、Photoshopの[境界線を調整]を想起させます。