富士ゼロックス東京「Creativeセミナー」での『Illustratorの基本であり奥義。パスの扱いを極める。』が終了しました

この記事内の目次

2019年6月19日、六本木ティーキューブで開催された「Creativeセミナー」(主催:富士ゼロックス東京)にて、鷹野 雅弘(スイッチ)が『Illustratorの基本であり奥義。パスの扱いを極める。』セッションを担当しました。

[連結ツール]や[シェイプ形成ツール]などの新しいツールや、少し踏み込んだパスファインダーの使い方をマスターすることで、さらにスピーディに仕事を進めることができます。

補足やリンク集などをまとめました。

セグメントのリシェイプ

ハンドルを連動させるには

  • [パスの単純化]を実行する
  • [アンカーポイントツール]で、ハンドルの選択をoptionキー(Altキー)+クリック
  • アンカーポイントを選択し、[コントロールパネル]の[選択したアンカーをスムーズポイントに切り替え]をクリック

シェイプ形成ツール

Illustrator CS5(2008年)からあるツールです。

連結ツール

矢印の方向転換

パスを交差点で連結する

パスファインダー

補足

補足としまして、パスファインダーには、次の3つのアプローチがあります。

  • [パスファインダー]パネルのボタンをクリックする
  • [パスファインダー]パネルの(上の段の)ボタンをoption + クリックする(→複合シェイプになる)

  • [効果]メニューの[パスファインダー]のサブメニューから適用する

[効果]メニューの場合には、仮の適用となり、“〜したことにあする”というコマンドです。

パスファインダー(アウトライン)

ライブペイント

表組みに活用することもできます。

立方体を描く

塗りと線を別々のオブジェクトにする

その他

[他を隠す]、[他をロック]は、非常に使えるキーボードショートカットです。

孤立点、余分なポイント

「Illustratorで孤立点を削除する」についてのアレコレ - DTP Transit

ご参考